2024-01

お小遣い稼ぎ

1月度の収益

Googleアドセンス:72円 アフィリエイト:2円 まあ稼げてるだけいいや。 月に数本のうまい棒買えるぜ! なので、ご面倒ですが いたる所をクリックしてくれると嬉しい。 契約してくれると尚嬉しい。 サーバーのレンタル代からするとまだ赤字。...
AI作文

光の中の戦士

彼女は目覚めた。空は白く輝き、雲は彼女の頭上を流れていた。彼女はどこにいるのか、自分が誰なのか、何をすべきなのか、何も覚えていなかった。彼女は身体を起こそうとしたが、重い鎧と剣が邪魔をした。彼女は自分の服装に驚いた。黒と白の布に金の飾りが施...
AI作文

変身の一歩

彼は自分の姿を鏡に映して、息をのんだ。制服姿の女子高生に変わっていた。スカートが風になびく感覚、リボンが首に結ばれている感触、髪が肩にかかっている重み。すべてが新鮮で、不思議で、興奮でいっぱいだった。彼はFaceAppというアプリを使って、...
AI作文

通学して朝の授業

私は学校へ行くために家を出た。今日は英語の発表がある。私は英語が得意だ。先生は私に優しかった。私は先生が好きだった。私は歩道を走って、信号を渡った。私は学校に早く着きたかった。早く着いたら、先生に会える。私はそれが嬉しかった。私は学校の門に...
AI作文

黄色い椅子の少女

私はいつもこの黄色い椅子に座っている。この椅子は私の唯一の友達だ。私はこの椅子と話すことができる。この椅子は私を裏切らない。この椅子は私を傷つけない。 私はこの学校に来てからずっと、この椅子に座っている。この学校は私にとって地獄だ。私はこの...
AI作文

魔法のメイドさん

魔法学校を卒業したばかりの彼女は、魔法界の名家であるレイモンド家の屋敷で、若き魔法使いのアシスタントとして雇われた。しかし、彼女がトレイにシャンパンやお菓子を乗せて、魔法使いの部屋に行ったとき、魔法の事故に巻き込まれてしまった。彼女は緑色の...
AI作文

ピンクのリボンと緑の世界

**さくら**は顔を隠していた。自分の顔が嫌いだったからだ。自分の顔が普通ではないと思っていたからだ。自分の顔が人を怖がらせると思っていたからだ。だから、さくらはいつも灰色の四角い布で顔を覆っていた。誰にも顔を見せなかった。誰とも話さなかっ...
AI作文

羽根の雪の中で

私は座っている。壊れた機械の上に。白い羽根が舞う。私はこの世界に属していないと感じる。機械の世界。冷たくて、無機質で、無情な世界。私はここにいるべきではない。私は違う世界に行きたい。羽根の世界。暖かくて、柔らかくて、優しい世界。私は機械の中...
AI作文

過去と未来の交差点

私は時計台の上に立っていた。夜の街が眼下に広がり、星空が頭上に輝いていた。私はこの場所が好きだった。ここから見える景色は、私の心の中にある過去と未来の交差点に似ていた。私は過去と未来の間で揺れ動いていた。私は過去に縛られていた。私は未来に恐...
AI作文

花と影

彼女は壁にもたれて、手に持ったカメラを見つめた。彼女の顔はグレーのボックスで隠されていた。彼女は写真家だったが、彼女の作品は誰にも見せたことがなかった。彼女は自分の感情を写真に表現することができないと思っていた。彼女は自分の顔も見せたくなか...