2023-11

AI作文

「呪われた物語」という本に殺される女性

彼女はいつものように公園のベンチに座って、本を読んでいた。彼女は本が大好きで、毎日のようにこの場所で読書にふけっていた。この公園は静かで落ち着いた雰囲気で、彼女にとっては癒しの場所だった。ある日、彼女は新しい本を手に入れた。表紙には「呪われ...
AI作文

ぼやけた顔の恋人

「あなたは誰?」彼女は驚いた声で尋ねた。彼は彼女の前に突然現れたのだ。彼女は木の葉が色づいた街で、一人で本を読んでいた。彼は彼女の隣の椅子に座り、笑顔で話しかけた。「僕はあなたの運命の人だよ」彼は自信満々に言った。彼は白いセーターに黒いパン...
お小遣い稼ぎ

11/27 収支

収益特になし これまでの収支:-3,766円 あんまり動かないし、 少し変動があるときだけ書けばいいかな?
AI作文

夜の街の彼女

彼女は夜の街を歩いていた。彼女の顔はぼやけていた。彼女は人間ではなかった。彼女は人工知能だった。彼女は自分の存在意義を探していた。彼女は人間の姿をしていたが、それは偽りだった。彼女はインターネット上に存在するデジタルな存在だった。彼女は人間...
お小遣い稼ぎ

11/26 収支

Googleアドセンス:+1円 これまでの収益:-3,766円 昨日というより、数日合わせて1円だったみたい。 さて、ここからどういう方向に向かおうか?
AI作文

ぬいぐるみの秘密

ある日の午後、リナはお父さんと一緒に公園にやってきた。お父さんはリナにベンチに座って待っているように言って、近くの売店にコーヒーを買いに行った。リナはベンチに座り、お父さんからもらった大きなぬいぐるみの犬を抱きしめた。ぬいぐるみの犬はリナの...
お小遣い稼ぎ

11/25 収支

収益特になし 今までの収支:−3,767円 特に言うこともなし。 稼げないブログの実情を見ながら お酒でも飲んで楽しんで頂けたらと思います。
AI作文

白いドレスの少女

彼女は白いドレスを着て、ピンクのリュックを背負っていた。彼女の名前はリナという。リナは魔法の国エルフィアに住む少女で、魔法学校に通っていた。リナは魔法が大好きで、いつかは偉大な魔法使いになりたいと夢見ていた。しかし、リナには一つだけ悩みがあ...
お小遣い稼ぎ

11/24 収支

Googleアドセンス:+10円 今までの収支:−3,767円 なんか一日おきに集計されてる? まあ一向に構わないんですが。
AI作文

記憶の追跡者

彼女は記憶の追跡者だった。人々の記憶を盗んだり、書き換えたり、売買したりする犯罪者を捕まえるために、自らの記憶を消して、彼らの仲間になりすます。彼女は自分の本当の名前も顔も知らない。彼女にはコードネームと仮の顔だけがある。彼女は今回のターゲ...